明日までに1万円

お金を借りる様々な方法とは?

お金を借りると一言でいっても借りる相手は沢山あります。

 

一般的にはすぐ頭に浮かぶのは、プロミスやアイフルなどと言った消費者金融、銀行系のローン、クレジット会社のローン、闇金融、身近なところでは親や兄弟、又は知人なども考えられます。

 

ザックリ言うと法的に利息が定められているもの、違法なもの、利息など気にしなくていいものと様々です。

 

借りる側にしても用途は色々で、人生最大の買い物であるマイホームの購入資金から、車などの嗜好品の購入、生活費の足しであったり、自分磨き、趣味の為、果ては遊興費の為と様々です。

 

結果夢を掴む人、夢までとはいかないにしても人生を楽しめる事が出来る人、反面何も手に入れられずに地獄の日々を送る人。

 

これもまた様々なのです。しかしながらそれもまた個々の人生であって誰にも止めることは出来ないのです。周りから見れば馬鹿に見えるかもしれません。

 

分かっていても避けられない事もあるです。もしかするとそれは自分のためではなく、誰かのためのものかもしれないのですから。

 

「お金を借りる」いずれにしても聞こえはよくありませんが、その言葉の中には沢山の意味があるのです。最近では簡単に借りることができるために安易な気持ちで借りる人が増え、払えなくなっら自己破産や再生とこれが又簡単に解決出来る事も事実です。

 

今一度この矛盾した現代の社会を見直さなければなりませんが、あくまでも全て責任は自分にあることを知った上で行動すべきなのです。