明日までに1万円

お金を借りることの重要性

給料日前などのお金がキツイ時、キャッシングによりお金を借りることは便利です。

 

キャッシングに対するイメージは、以前と異なり便利で安心、スピィーディーという明るいものですが、以前は利息制限法を超えるグレーゾーン金利での貸し出しをしていたことや、その後の過払い請求によるトラブルなど様々な問題がありました。

 

現在では、キャッシングを経済の歯車として有効利用できるよう配慮され、利息制限法の上限金利である20%までと制限し、貸し出し上限を年収の3分の1、これを超える新規貸し出しをした金融業者に行政処分を科すなど様々な規制を設け、安心して利用できる配慮がされています。

 

また、予め借り入れと返済のシュミレーションが出来るようになっています。

 

このように、キャッシングにてお金を安心して借りることが出来ますが、借りる側のモラルも必要です。
キャッシングの上限金利や貸出制限が行われたとは言え、お金を借りる以上返済はしなければいけません。

 

必要なときに必要なだけ借り、計画を立てて返済することが重要で、返済が可能でないお金は借りないという判断も必要です。
お金が無いから借りるのではなく、お金が必要なときに計画を立てて借りるという判断をしなければいけません。

 

困ったときに借りるというのではなく、必要不可欠なことにキャッシングを利用するということです。
現在、消費者金融は銀行の傘下として正しい貸し出しを目的としていますので、収入の安定していない人や過去の返済で不具合のあった人への融資はしませんので注意してください。