明日までに1万円

お金を借りるときに気をつけなければならないこととは?

日々の生活や急な物入りでお金が足りなくなる、というのはよくあることですが、そこで「お金を借りる」という結論になるのは、本当にお金が足りない、そしてとても困っているときだと思います。
しかし困っている時だからこそ、確認した方が良いことがあります。それを個別に見ていきましょう。

 

「なぜ借りるのか」
お金を借りるということは、本来の生活設計に無い必要、または問題が現れた、ということになります。根本的な原因を解決するしなければ、ずっとお金を借り続けることになります。原因を追究し、解決する筋道が立たなければ借りる前に解決法を確立しなければなりません。

 

「返済のために考える」
借りたお金は返さなければなりません。しかし、金融機関での借り入れには利子が発生します。この利子を含めた金額が返済額となります。このことを計算に入れ返済計画を立てることから始めましょう。銀行など金融機関によっては利子が安い分審査が厳しく時間がかかるところもあります。目的に応じ調べてみるとより得をすることになるでしょう。
次に考えるのは、返済にどのくらいの期間がかかるのか、ということです。余りにも長い期間かかるのは計画に無理が生じている可能性があります。金額を見直し、短期間で返済できる金額に借り入れを抑えることも必要です。

 

「借金は信用」
長い人生、お金に困ることは誰しも一度や二度はあることです。借りて返す、というのは当たり前のことですが、これが出来なければ社会的信用は大きく損なわれます。将来借り入れが出来なくなりことさえあります。返す道筋がはっきり見える時だけ借りるようにしましょう。