明日までに1万円

お金を借りる際に気をつけておきたいこと

お金を借りる際に気をつけておきたい点としては、まずは借りた以上は必ず返さなければならないと言う点です。これはお金のみならず、すべての貸し借りにおいて守られるべき大原則とも言うべきことです。

 

友人や知人からお金を借りる場合、その金額によっては返さなくても良いよ、と言われることもあるかもしれません。しかし金の切れ目が縁の切れ目と言う言葉もあるくらいですから、必ず返すようにして下さい。

 

また金融機関などから借りた場合も同様で、その返済が滞った場合には社会的信用の失墜にもつながる恐れがあります。

 

ですから借りる際には、返すことをじゅうぶん頭に入れた上で、返すことができるだけの金額を借りることが求められます。それから利息の存在にも気をつける必要があります。

 

利息は、特に金融機関などが借りた場合に発生するものです。お金を貸した金融機関にしてみれば、ただ貸した金額だけを返却されても、そこに利益は発生しません。そのためお金を貸したこと、その返済に猶予を持たせることに対して、貸した金額とは別の金額を発生させ、それを利益としています。

 

これが利息です。ですから借りた側は発生した利息分についても返す義務が発生するわけですが、どれくらいの利息が発生するか、またどのくらいの期間で利息が発生するかは、金融機関によって異なります。

 

時にはそれが返す金額の大きさを左右することもあるので、お金を借りる際にはしっかりと確認しておくことが求められます。また利息に限らず、お金を借りることで発生する諸条件も、金融機関ごとによって大きく異なることもあります。そのため、それも事前に確認しておく必要があります。